2009年07月07日

[中国]手抜き工事厳禁の通達、効果あるのか?


つい先日、完成間近のマンションが根元からねこそぎ倒れるという信じがたい光景をみせてくれた中国。

中国住宅城郷建設部は、品質検査を強化するように命令したようですね。

命令通りになればよいですが。実際はどうでしょうね。

-------------------------------------------
ポイント:おから工程(おから工事)、公共事業などにおける「手抜き工事」が中国全体で問題になっており、今回の措置は住宅に対する管理強化の狙いがありそうだ。
また、上海市では建設中のマンションが“転倒”するという珍事が発生している。この事件はかならずしも手抜き工事の結果ではなかったとの見方が有力だが、住に対する安全度合いの測定が急務になっている
参照:Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090705-00000032-scn-cn
-------------------------------------------

逆に、耐震設計の問題もありますし日本に技術や管理手法を輸出するチャンスでもありますね。
既にやっているのかもしれないですが。
posted by 中国ニュースマニア at 15:39 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。